医療法人社団悠生会|雄岡病院

■病院理念

地域に根ざした精神医療を提供し、社会に貢献する

■基本方針

一 精神の病に苦しむ患者様と家族の方に、職員一人一人が温かみを持って接し、
  全ての職員がひとつとなって、患者様の願いである社会復帰の実現に努める
二 順法を旨とし、常に柔軟な思考を持って精神医療を取り巻く環境の変化に対応する
  と共に、患者様に安心して穏やかに治療を受けていただく場を提供する
三 地域の病院や施設と連携し、患者様の安定した生活の実現を目指す

■看護部理念

思いやり、やさしさ、心のこもったケアで患者さまとともに歩む看護をします

■看護部方針

一 患者さまの人権を尊重し、希望ある生活への支援を目指します
二 安全と安心を提供し、心安らぐ治療の場を提供します
三 専門職として自己研鑽に努めます

■看護部長あいさつ

私たち雄岡病院の看護部は、これらの理念・方針に基づき、明るく楽しい病院、
信頼される病院を目指して、チーム医療を基盤に一層の努力を重ねています。
薬物療法や救急時の処置などの勉強会を毎月開催し、
看護実践に必要な知識や技術の習得・研鑽に努めています。
今、目の前におられる患者さまの気持ちにゆっくりと寄り添い、
患者さまと共に考える援助を実践しながら、私たち自身も人として、
看護者として共に成長していきたいと願っています。

医療法人社団 悠生会
雄岡病院 看護部長 澤田千草

■沿革

昭和45年2月 雄岡病院開設(102床)
昭和46年6月 117床に増床
昭和58年12月 管理棟増設
昭和59年1月 181床に増床
平成6年5月 基準看護承認、4病棟体制となる
10月 新看護6:1実施
12月 新看護5:1実施
平成9年4月 新看護4:1実施
平成10年4月 新看護3.5:1実施
10月 薬剤管理指導開始
12月 作業療法開始
平成11年2月 3病棟体制176床に変更
平成17年12月 精神入基3(3:1)、10:1看護補助加算、夜間勤務等看護4.5実施
平成18年12月 谷口敬子現院長が就任
平成25年4月 医療法人社団 悠生会 設立
6月 医療法人社団 悠生会 雄岡病院として新開設

■届出項目

1)精神病棟入院基本料15:1
2)看護補助加算2
3)入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)
4)救急医療管理加算
5)精神科救急搬送患者地域連携受入加算
6)薬剤管理指導料
7)精神科作業療法
8)医療保護入院等診療料

■バリアフリー情報

バリアフリー施設のピクトグラム